第19回「ヨガポーズで心身のリラックス」

みなさん、

普段、後ろ姿(背中)を意識することってありますか?

デスクワークが多いなど、背中が丸くなっている、腰が反っているなど要因は様々にありますが、背中は凝り固まっていきます。 また、呼吸も浅くなっていきます。 (深呼吸をしてくださいと言われて、胸を膨らませることは意識しますが、背中も膨らますことを意識することってないと思いませんか? でも、背中も膨らむんですよ。)

呼吸が浅くなる、背中が凝ることで肩こり、腰痛などに繋がっていきます。 また、姿勢が悪くなることで、年齢より上に見られてしまうこともあります。

今回は、ヨガのチャイルドポーズで心身のリラックスおよび背中を意識した呼吸エクササイズを紹介します。

チャイルドポーズの効果は… ・ 全身の疲労回復 ・ 背中の緊張を和らげる ・ 肩こりの改善、腰痛予防 ・ 気持ちを落ち着かせる

赤ちゃんのように背中を丸くした姿勢から名づけられたと言われています。ヨガのポーズの合間に行う最も基本的なポーズです。

やり方 1. 正座になる(両膝の間はにぎりこぶし一個分くらいあけます) 2. おでこをつける 3. 手は体の横へ(手のひらは天井に) 4. お尻は両方のかかとに均等に乗るように (膝が痛いなど問題がある時は、クッションなどを挟んでください) 5. 全身の力を抜く 6. この姿勢のまま、深呼吸をしていきましょう。


ここでのポイントは、

※ 背中をふくらますイメージで行ってください。 呼吸はゆっくり、肩に力が入らないように! ※ 腕の位置は、変えてみてください。最初は体の横、次は両手腕を前に伸ばして ※ 正座ができない方は、椅子に座って大きめのクッションやバランスボールを抱えて行ってみてください。


理学療法士  大嶋

参考文献:いちばんよくわかるYOGAポーズ全集 基本からレベルアップまで、すべてがマナベル実践書の決定版

14回の閲覧